京都府京都市左京区-京都大学医学部附属病院-婦人科の口コミ
京都府京都市左京区-京都大学医学部附属病院-婦人科の口コミ
京都府京都市左京区-京都大学医学部附属病院-婦人科の口コミ
京都府京都市左京区-京都大学医学部附属病院-婦人科の口コミ
口コミ投稿によりメールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。『ヤラセ』や『宣伝』ではない真実の口コミが、皆さまの婦人科・産婦人科選びの参考になります。
Top > 京都府 > 京都府京都市左京区 > 京都府京都市左京区-京都大学医学部附属病院

京都府京都市左京区-京都大学医学部附属病院の口コミ

住所:京都府京都市左京区聖護院川原町54
電話番号:075-751-3111

MAP地図はこちら

83件の口コミ

コメントを残す

メールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。
気軽に投稿してください。

管理人が「やらせの口コミ」「宣伝目的の口コミ」「誹謗中傷目的の口コミ」などを精査のうえ掲載しますので、2~3日後に掲載となります。画像を選択しない場合、評価を基準に画像が選ばれます。
確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

    (匿名)
    投稿日:2018/09/13
    ■先生やスタッフの方の対応 先生は通院中はベテランの先生で出産時はベテランの先生と新米の先生が診てくれます。出産時も助産師さんもベテランの助産師さんと新米の助産師さんがつかれたので、分娩室入るときは小児科のスタッフも合わせて10人ぐらいの人に見守られながらの出産でした。でも、丁寧に対応してもらえて、安心しました。 産後は完全母乳を希望したので、助産師さんが出産当日から赤ちゃんを連れてきて授乳を教え・・・・・
    てくれます。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント 大学病院なので、持病があったりしても安心してかかれました。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス 部屋は特に個室を希望しなかったので産後のお母さんばかりで4人同室でした。母子同室ということもあり、出産当日は自分の子は新生児室で預かってもらえますが、他のお子さんの泣き声が夜中も聞こえます。耳栓を一応持って行ってたので休まりました。ただ、自分の子と翌日から同室になりますが何となく他のお母さんの助産師さんとの話なども聞こえて色々勉強になりました。ただ次からは少し高くても、個室にしてもらいます!それは大部屋だと家族でも病室には入れないため毎回、面談時には面談室まで行かなければならないからです。父親なのに病室に入って来られないのがかわいそうでしたし、私もしんどかったので。 産後3日目ぐらいにお祝い膳が出ました。 とても豪華で美味しかったです。 また退院時、お祝いにベビー用毛布をいただきました。 華美な装飾や過度なサービスはありませんでしたが、出産一時金でお釣りが6万近く返ってきたので、満足しています。
    (ahem73)
    投稿日:2018/03/14
    ■先生やスタッフの方の対応 先生もベテランから研修医までおられますが、とても頼りになるし、何より助産師さん、看護師さんが素晴らしい! 出産から入院中もすごく丁寧に関わって下さり、夜中のナースコールも嫌な顔ひとつせずいつも親切。出産後の情緒不安定気味の私をとてもあたたかく支えてもらいました。 大学病院なのでたくさんスタッフがおられるけれど、みんな親切でした。ここで産んで良かったと思いました。
    />
    ■この病院の良いところ、オススメポイント さすが大学病院。出産と同時に小児科に連絡がいき、診てもらえたこと。もし個人病院でこの子に何かあったら救急車で運ばれていたんだなと。 検査も充実していました。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス 大部屋だったので、共同のシャワールームを順番に使う感じです。 建物は古いですが、トイレ、洗面室、どれも清潔です。 食事は退院の前の晩ごはんにお祝い膳をいただきました。
(匿名)
投稿日:2016/11/10
■先生やスタッフの方の対応 大学病院なので先生の数が多いので安心です。 陣痛中、分娩の進み具合を助産師と若い先生、ベテランの先生それぞれで確認してもらえます。

■この病院の良いところ、オススメポイント 院内にコンビニやレストランがあり、面会にくる家族は助かったみたいです。 小児科があるので、赤ちゃんに何かあればすぐに対応してもらえる。 出産後2日程、赤ちゃんがCCUに入ったので・・・・・
すが、同じ階にあり面会が行きやすかった。

■病院の設備や部屋、食事やサービス 大学病院なので期待はしていなかったですが、お祝い膳を出しもらえました。 大部屋でしたが面会スペースもあり、夫や他の家族と赤ちゃんとの面会も問題なかったです。 また、4人部屋ですがベッドとベッドの間にはある程度の隙間としきりがあり、プライバシーは守られていると感じました。
(どむ)
投稿日:2016/10/27
■症状と来院までの経緯 風邪をきっかけに咳が止まらなくなり、仕事中も頻繁に咳こむため、上司より診断をうけるように指示される。近隣で大きな病院ということで今回初めて本病院にて診察をうける。

■看護師や受付・スタッフの対応について 場所がわからないときはスタッフが新設に教えてくださった。看護師さんは忙しく患者さんの質問にかかりっきりで道案内等は聞きずらかったとおもいます。
>
■診察までの待ち時間や混雑度 多くの患者さんがいらしており、待ち時間は長く感じておりました。自分の呼び出しアラームが鳴るまではカフェでくつろいでおりました。

■施設の清潔感・充実度 待合室の座席の一部の床が汚れていたのが気になった。施設内は広く、カフェも設置されているため居心地が良くて診断後もしばらくくるろいでおりました。

■医師の診断・治療法・説明について 吸入ステロイド薬について「ステロイド」に対するイメージが悪く最初は抵抗があったが、理論的な説明に納得し、安心して治療にあたることが出来ました。

■実施した検査や処方薬について 複数の検査を時間をかけて行っていただいた。これまで数年かけていろいろな病院で診察を受けており「病名不明」とされていたが、この度正式に「咳喘息」と診断いただいた。治療薬として吸入ステロイド薬を処方していただき、数か月後には症状は治まった。

■プライバシーへの配慮について 診療が始まるときは他の患者さんに聞こえないように小声で話されたり、カーテン等で不用意に体を見せないなどしっかりプライバシーに配慮されておりました。

■診療を受けての全体的な感想など 設備も綺麗で診察も徹底的にしていただける感じですので、通えるなら行くべき病院だとおもいます。複数の科にかかるときもスムーズに連携されるので効率は良いかとおもいます。
(gianttcr)
投稿日:2016/09/28
■症状と来院までの経緯 今学期は特に忙しくほぼ毎日平日は夜の12時過ぎに帰宅し、1時半ごろに就寝するという生活を続けておりました。その上部活動で非常に疲れもたまっていました。さらに、部活のことで少し悩み事があったため精神的にも肉体的にも疲労がたまっている状況を2週間程度続けた後のある日の出来事でした。その日は昼食をとった後に3時間目の授業を受けて、4時間目が空きコマだったので図書館で1時間だけ自習・・・・・
して5時間目に向かおうと考えていました。そして図書館に着くや否や吐き気を催してきてその30分後に一度図書館のトイレで嘔吐しました。大変だと感じ自転車で大学の近くの医院を3軒ほど回ったのですがもう午後3時ごろだったためかすべてやっていませんでした。また、無理をして自転車をこいでいたため疲労のピークに達し3軒目では路上で嘔吐してしまいました。体力の限界を感じ、携帯電話で救急車を呼び、5分後ぐらいに救急車が到着し、病院に搬送されました。

■看護師や受付・スタッフの対応について 救急科であるためひっきりなしに動いているイメージがありましたが、医師または看護師が少なくとも1人以上は私に付き添っていただきました。救急で運ばれてきたのと、急激な症状であったため非常に心細さを感じていたのですが、思ったことを話すとどんなことでもしっかりと耳を傾けていただき、安心できました。看護師やスタッフの対応は非常によかったと思います。

■診察までの待ち時間や混雑度 私は急患であったというのもあり、さらに平日の昼間の時間帯だったからか他に運ばれてきていた患者さんはいませんでした。そのため、病院に到着するとすぐに診察・検査・治療は開始されたのでそこはよかったです。

■施設の清潔感・充実度 救急科の内部の内科だったので、診療台などが普通の診療科よりは汚れているだろうと覚悟してはいたのですが、全くそんなことは無かったです。非常に快適に休むことができたと思います。又、エコー検査の器具が置いてあることや、診療台が同じスペースに5台位あったので施設の設備の充実度は十分であると思いました。

■医師の診断・治療法・説明について 検査を行っては頂けたのですが、結局治療は何も行われませんでした。私の病名が決定したのも、私が少し休んで話せるようになってからのことなので仕方がなかったとは思います。しかし、2度の嘔吐で疲れ切っていた状況だったため、出来れば点滴などを行っていただければ嬉しかったです。

■実施した検査や処方薬について 私は初め原因不明の腹痛と嘔吐により病院に運ばれてきたので最初の検査は触診、次にエコー検査、最後に採血を行いました。 触診とエコー検査によって胃潰瘍かどうかなどを判断されているようでした。しかし、採血の結果からは特に新しい何かを発見できているようではなかったのでただただ痛かっただけだったという感じでした。症状は結局医師による診察によってストレス性胃腸炎と判断され、胃酸を抑える薬を処方していただき、その薬は非常によく効いたため翌日には元気に活動できるようになっていました。非常にありがたかったです。

■プライバシーへの配慮について 基本的に名前や住所などの個人情報はすべてコンピュータで一括管理がなされていたようでした。そのため患者の識別は名前と番号であり、腕には自分の名前と自分の管理番号が書かれた紙をまかれていました。しかし、名前と住所、電話番号などの情報は口頭で聞かれた後にもう一度用紙に記入することを求められたため、その記入用紙の処分方法によっては少し個人情報保護の観点からはよくないかもしれません。

■診療を受けての全体的な感想など 自分自身、疲れやストレスが原因となって胃腸炎になったことはあったのですが、さすがに嘔吐を伴ったのは今回が初めてであり、非常に当惑していました。しかし、医師や看護師の方たちが親身になって症状やその経緯や、今回の症状に対する自分自身の思い当たる節、その他質問などを聞いてくださりました。又それら一つ一つに対して丁寧なご回答を頂けたので、心理的な不安が少し解消されたのはありがたかったです。以前は大学病院であるからなんとなく敬遠していたのですが、これからは気兼ねせずに診療を受けに行けそうです。
(むう)
投稿日:2016/07/20
■症状と来院までの経緯 生活に支障が出るくらいのトイレ回数ときつい腹痛、貧血によるふらつき等がひどく、なかなか良くならない為、以前通っていた病院に紹介状を書いていただき来院しました。

■看護師や受付・スタッフの対応について 採血中、腹痛がありお腹をさすっていたのですが、それに気付いた看護師さんが優しく声をかけてくださりました。また、高熱が出ていて座るのもしんどかった時もすぐに気・・・・・
付いてくださり、ベットで横にならせてもらえました。心身ともに救われました。

■診察までの待ち時間や混雑度 午前中に行くともれなく混んでいます。特に採血がすごく混雑しています。採血までに一時間待った時もありました。 午後からの予約で行くとどちらも空いていて、待ち時間もほとんどないです。

■施設の清潔感・充実度 大きな病院なので、医療に関することはもちろん、コンビニやカフェも併設されており、大変便利です。 トイレなどもこまめにお掃除されていて、いつも綺麗です。

■医師の診断・治療法・説明について まず初めての診察ですごく話を聞いて下さることに驚きました。 私の場合、発病して9年程たっていたのですが、その9年間の治療法や症状を事細かに聞いてくださり、その上であらゆる可能性を考慮し、色々な方面から検査してくださり、安心出来る診断結果となりました。治療法については、私の症状的に新しいお薬より、元からあるお薬の方が効果があると考えてくださり、そのお薬に変えてくださったところ、だいぶ体が楽になり、治療が自分に合っていることを実感しました。

■実施した検査や処方薬について 大腸内視鏡検査ですが、体の負担を一番に考え、体に無理が来ないように配慮して検査してくださりました。おかげで今までの病院よりも痛みが少なく受けることが出来ました。 薬は、以前、免疫抑制剤でしんどくなったことがあり、違うお薬で試してくださったり、毎回採血をして副作用や数値に異常がないか診てくださりました。今はしんどくなることなく服用出来ています。

■プライバシーへの配慮について 診察室は小さな個室になっていて隣から声が聞こえる等という事はありません。 また、外で待っているときも同じく声が漏れている感じはしませんでした。

■診療を受けての全体的な感想など 今までなかなか良くならなかったのですが、自分に合った治療法を見つけてくださり、だいぶ生活がしやすいと感じれるところまで回復しました。 不安なところはすぐに検査してくださり、安心して病気と向き合えています。感謝しかありません。
(ゆーりん)
投稿日:2016/07/20
■症状と来院までの経緯 元々は、2014年の4月に大腸がんの手術をして、そのひと月後に抗がん剤をしていました。癌自体はリンパに少し転移していましたので、三ヶ月ごとのCT検査をしてきて、何とか、2年たち、三ヶ月というのは今回が最後で、次回からは4ヶ月どとになりました。

■看護師や受付・スタッフの対応について おそらく、国内でもいち早く来院者、入院患者さんに対する教育がなされてるよ・・・・・
うで、些細なことでも、親切丁寧で、広い大きな病院の中でも、ベルトコンベヤーに乗せられてというような感じではなく、一人一人を大切な人のように篤かってくれるような暖かみがあります。

■診察までの待ち時間や混雑度 その時によって、多少ちがいます。それは、病院全体の外来患者さんの人数にもよりますし、患者さんの病状の状況によっても変化しますが、どちらにしても、予約時間の前15分、後の30分程度で診ていただけます。

■施設の清潔感・充実度 おそらく、公立の病院の中では、予算も寄付も多いからでしょうが、国内でも最高クラスの施設充実度で、尚かつ、看護師さんたちや、他の清掃スタッフにしても十分な教育をうけてるようで、気持ちのよい施設です。

■医師の診断・治療法・説明について 極めて的確に診断、治療をして頂いたと思ってます。転移があったとはいえ再発syることなく、また、抗がん剤も、やたらに強使うのではなく、生活、仕事が出来るぎりぎりの量を決めて頂いて、順調に抗がん剤治療を終えることができました。

■実施した検査や処方薬について 検査はいつものとおりで、何事もなく順調に終わりました。いつものことですが、造影剤を入れた瞬間が体の中を熱湯が走ったように熱くなり、心臓がどきどきするのですが、ほんの少しの時間ですので、慣れればなにごともなくです。

■プライバシーへの配慮について 完璧でしょう。何年か前に電子カルテにかわりましたし、基本的に呼び出し機だけで、診察、検査、会計がすまされますし、検査の説明なども、一人一人看護師さんが別室によんで、対応しております。

■診療を受けての全体的な感想など 病気が病気ですので、やはり、こちらにして良かったと思います。 検査機器にしましても、腸ちゅうという検査をこちらの前に受けた病院では痛くて我慢できないくらいでしたが、同じ検査なのに、え?今腸に入った?と思うぐらいでした。検査器具などは年々、患者さんに負担のすくないものが導入されてるようで、安心してうけられました。
(匿名)
投稿日:2016/06/16

■先生やスタッフの方の対応
先生の説明もとても丁寧で、助産院さんもとても細やかに対応いただけます。検診や診察は曜日によって異なります

■この病院の良いところ、オススメポイント
NICUが隣接していたり、他科との連携もできるので、安心です

■病院の設備や部屋、食事やサービス
食事は病院食という感じで、ごはんの量が多いです。お祝い膳が入院中一度出ます。

(うさぴー)
投稿日:2016/06/16
■症状と来院までの経緯 同じ病院の精神科で、ずっと採血をしていて異常が見つかり、その頃から筋力低下が激しくなり、神経内科を紹介された。そこからいろいろ検査をするに至った。

■看護師や受付・スタッフの対応について 看護師さんはの評価は、その人によります。忙しい時は少し対応が悪い時があります。しかし、他の病院に比べて、真面目な印象はあります。

■診察までの待ち時・・・・・
間や混雑度 休日前や後はかなり混む。一人一人の診察が長い為に、予約してもズレこむ。病院内、科受け付け付近、診察室の前、と3段階で呼び出されますが、診察室の前の呼び出しをされてから、30分以上待たされることがある。

■施設の清潔感・充実度 外来病棟、入院病棟共、掃除が行き届いている。外来病棟では患者さんの邪魔にならない程度にいつも清掃をしている。トイレなども綺麗です。診察室、検査室も清潔てわす。

■医師の診断・治療法・説明について 何度も検査を繰り返し、なかなかわからない病気でしたが、他の病院の医師に手紙を送ったり調べたりしていただいて、やっと今の病気が判明しました。治療法もわからない難病ですが、薬の副作用のこともあるので、こちらの意見を聞きながら薬を決定していただいてます。

■実施した検査や処方薬について 採血には、採血専門の看護師さんがいる。とても上手くて、痛みや採血後の腫れや痛み、出血が少ない。採血だけでなく、他の検査の時や診察の時の感染予防が徹底している。とてもプロ意識が高い病院です。

■プライバシーへの配慮について プライバシーは守られていると思う。診察室も個室のようにきちんと壁で区切られているし、カルテもパソコンで医師が、ちゃんと管理していると思ういます。

■診療を受けての全体的な感想など 京都大学病院全体が、病気に対する研究が行われているせいか、治療をしていくという姿勢がかなりみられる。患者側も、この病院ならなんとかしてくれると安心できる。
(totocult)
投稿日:2016/05/16
■症状と来院までの経緯 円形脱毛自体は小さいもので髪に隠れて普通は見えないものでしたが、過去に近い場所で脱毛症になった事があり、その時もこの病院で治療して貰ったので相談をしに病院へ行きました。

■看護師や受付・スタッフの対応について スタッフに接したのは受付程度ですが、来院するのは久しぶりだという事を伝えると、診察室やトイレの場所はどこにあるかを丁寧に説明してくれました。 呼び・・・・・
出しは専用の端末を渡されるのでそれに応じて行けばいいので、聞き漏らす事はありません。

■診察までの待ち時間や混雑度 朝早くに行ったので待ち時間は気にする程ではありませんでした。 待合室は流石にそこそこ混雑していましたが、皮膚科の診察室近くは空いていたので場所によって大きく異なると思います。

■施設の清潔感・充実度 流石国立の附属病院とだけあって待合室は非常に広く、受付や料金支払い等もスムーズに出来る様になっていました。 清潔度に関しても申し分なく、不潔に感じる所は全くありませんでした。

■医師の診断・治療法・説明について 診断も素早く正確で、治療法についても複数提案して貰いそこから自分で選べられたので、自分に合った治療法を選べるという事に安心しました。 医師の方も話しやすい雰囲気の方で、相談も気兼ねなく出来ました。

■実施した検査や処方薬について 検査と言われる程のものはなくて、医師に見てもらってどういう症状かを教えてもらい、治療法について提案されました。 患部に直接注射するという方法もあったようですが、流石に頭に注射は抵抗があったので飲み薬と塗り薬を処方してもらいました。

■プライバシーへの配慮について 基本的に診察順が回ってきた時の呼び出しはその人の名前を呼んで知らせるという形だと思いますが、京都大学医学部附属病院では呼び出しに専用の端末を用います。 順番が回ってきたら専用の端末がアラームを鳴らし、入る診察室を示してくれるので、他の患者に名前を知られる事がありません。

■診療を受けての全体的な感想など 施設もさることながら医師のレベルも非常に高く、よく診察後でも料金の支払いに待たされる事が殆どなかったので、全てにおいて快適です。 ただ、昼辺りになってくると混雑度が高くなり待ち時間が非常に長くなってしまうようなので、なるべく予約をして行った方が良いでしょう。
(30代)
投稿日:2015/12/13

京都大学医学部附属病院ですので、重篤な症例が主な患者と思われます。
悪性腫瘍患者に対して抗がん剤治療が一般的に考えられますが、抗がん剤治療の有効性のエビデンスがはっきりしていない疾患に対しては、外科的手術のみで、その後経過を見ていくといった対応もして下さりました。
即ち、エビデンスがはっきりしていない難しい病気に真摯に対応して下さると言えます。

(50代)
投稿日:2015/12/12

各科横断的に、とてもシステマティックに患者さんを診療する体制が構築されています。
各種カンファレンス(症例検討会)も積極的に開催され、多角的に患者さんの病態把握・治療方針について検討されています。
外来診療は各科の医師が共同診療することにより、患者さんの利便性向上も図られています。
また、看護師の外来病棟の一元化は画期的だと思います。
他職種の連携もスムースで、とても参考になりました。

(momo)
投稿日:2015/11/26
■症状と来院までの経緯 以前から飛蚊症はたまにあったので近くの病院に通院していたところ、今回は少しひどいので大きな病院で検査を受けたほうがよいと勧められて紹介状をもらい行くことになりました

■看護師や受付・スタッフの対応について とにかく患者さんが多いのですが看護師さんやスタッフもたくさんいらっしゃるので、何かわからないときでもすぐに対応してもらえます。また案内係り?のようなス・・・・・
タッフさんもあちこちにいらっしゃるので、高齢者の方などはよく声をかけてもらってるのをみかけました。

■診察までの待ち時間や混雑度 診察までには時間がかかりますが、眼科の場合は次々に検査があるのでしかたないと思います。人数のわりには、検査もスムーズに流れるのであまり気になりません。

■施設の清潔感・充実度 施設内はとても広いのですが、コンビニや食堂など数か所あり充実していると思います。またあちこちに休憩所のようなところが設けてあり、疲れたときには休むことができるのも助かります。清潔度については、常に掃除のスタッフさんがまわっておられてトイレもきれいですし廊下もピカピカです。

■医師の診断・治療法・説明について 担当してくださった先生はとてもやさしくて、病状の説明や治療法、今後の治療の進め方などをはっきりとわかりやすく伝えてくださるので迷いや不安なくおまかせすることができました。治療法としてはレーザーを数回、少しずつ様子をみながら受けました。

■実施した検査や処方薬について 通院のたびに眼圧、視力検査、点眼で瞳孔を開いて普通のレントゲン撮影、点滴をしながら造影撮影もしました。また断面撮影や緑内障の検査もしました。目薬は処方なしでした。飲み薬もありません。

■プライバシーへの配慮について 初診のときに、そのような説明もありましたし、協力の同意の説明などもきちんとありました。特に大学病院なので研修医の先生もたくさんいらっしゃいますから、研究に協力してもらえるかなどの話もありました。もちろん病状だけであって個人のプライバシーは厳守ですと。

■診療を受けての全体的な感想など まず検査機器などの多さに驚きました。研修医の先生とは別に、一般の検査をしてくださる先生方もすごく若くて、親切な対応をとってくださいます。病院全体の流れが、受付をすませた時点から会計まで、あちこちで迷うことなくうまく進められていることに感心しました。
(れれ)
投稿日:2015/11/26
■症状と来院までの経緯 高校生のころから症状があり2回手術も受けたが再発するので、詳しく検査して、治療をしてほしいと思って専門医が多くスポーツ膝外来がある京大へ行った。

■看護師や受付・スタッフの対応について 看護師にはほとんどかかわらないが、検査室のスタッフはとても優しかった。でも受付の事務の方等は愛想のない方や少々怖い方も多い。忙しいのはわかるがあまり丁寧な対応ではない。 ・・・・・


■診察までの待ち時間や混雑度 1つ1つの診察が長いので待ち時間が多い。時間になると持っている機械がなるので院内のドトール等で待っていられる。そんなに待ち時間が辛いとは思わない。

■施設の清潔感・充実度 施設は大きく、レントゲンや採血、呼吸機能検査など何につけても最新機器である。どこもとても綺麗で清潔感がある。待ち時間対策のため、個々に順番を知らせる機械を配ったりしている。

■医師の診断・治療法・説明について 外来が本当に丁寧でしっかり時間をとり説明してくれる。結局原因はわからなかったが、絶対に治してあげるし、未来は明るい、膝に囚われた生活なんてもったいないと言われそんなこと今まで言っていただける先生はいなかったので、驚いたし、この先生を任せてみようとおもった!

■実施した検査や処方薬について MRIは何回も撮っておりなれているが圧迫感が辛い。コンタクトを入れる場所があったり、機器も最新で綺麗であり、音もましな気がする。女性のスタッフもおり安心する。

■プライバシーへの配慮について 電子カルテなので、検査に行くときなど私が何かを持つ等はない。機械がなるシステムなので名前を呼ばれることもないので、プライバシーの保護になっていると思う。

■診療を受けての全体的な感想など 待ち時間も少ないし、先生としっかり話ができる。症状だけでなく私の生活や仕事まで考えて治療してくれるし、マイナス思考になったら励ましてくれる。
(匿名)
投稿日:2015/08/26
■先生やスタッフの方の対応 里帰り出産で、妊娠のかなり後半からお世話になりました。健診の際、それまで通っていた病院に比べ、かなり時間をかけてエコーを見ていただけました。エコー写真は貰えるときと貰えないときがありました。先生によっても異なりそうです。曜日によって先生は異なり、また手術や出張等で先生が代わることもありました。待ち時間も大病院でイメージするほどは待ちませんでした。体重制限も特に言われませ・・・・・
んでした。 助産師さんも気さくで話しやすい方が多かったです。入院中も小まめに病室を覗いてくださって、心強かったです。 入院中の主治医の先生は、外来の際の先生とは異なり、メインに研修医の方がつきました。出産の際にはベテランの先生もつきます。大学病院で、私は特に断らなかったため、学生さんの見学もありました。

■この病院の良いところ、オススメポイント 外来の診察ではエアコンのリモコンみたいなサイズの呼び出し機で、案内があります。そこまで待ち時間が長くなかったので私は大体診察室近くにいましたが、ドトールやコンビニに行くことも可能です。 健康妊婦だったので、総合病院は大袈裟かなと思ったのですが、出産時に出血が多かったため、京大病院を選んで良かったと思いました。

■病院の設備や部屋、食事やサービス 外来の設備は新しく綺麗ですが、産科の病棟は古いです。トイレありの個室を選択しました(+9,000円かな)。冷蔵庫は無料、テレビは有料でした。入院費用の支払いは4~5万円程度でしたので、大部屋普通分娩安産だとお釣りがくるかも?くらいです。 食事は、普通です。朝食は、ご飯かパンか、牛乳野菜ジュース果物ジュースなどは選べます。 サービスは、希望すれば、陣痛時に足浴や音楽を流しながらの出産ができるそうです。母乳熱心な助産師さんもいますが、母親の希望を汲んでくださる方が多いです。産後翌日からは先生のOKが出れば、母子同室ですが、しんどいときやシャワーのときなどは、ナースステーションのすぐ隣で先生や助産師さんたちから見える位置にある新生児室で預かってもらえます。シャワー室は2つあり、空いていたら使えます。入院中、入りたいときに2つとも使用中ということはありませんでした。あまり、赤ちゃんが多くないタイミングでの入院だった気がします。 退院の際に京大病院のロゴの入った可愛らしい新品のブランケットを頂きました。入院中に赤ちゃんにかけられていて、かわいいなあと思っていたので嬉しかったです。
(匿名)
投稿日:2015/07/20
■先生やスタッフの方の対応 私が診ていただいた産科の先生方はユーモアもあり、物腰がソフトで丁寧に受け答えしてくださり、不安に感じることは全くありませんでした。 親切でフレンドリーでプロフェッショナルな助産師の方が多くいらっしゃいます。

■この病院の良いところ、オススメポイント 大学病院だけあって最新の設備が揃っていると思います。 NUCUも隣接しているので何か問題があっても転院・・・・・
する必要なく出産できるのは安心できます。

■病院の設備や部屋、食事やサービス 病室はピカピカにはほど遠いですが、掃除はキレイにされてあります。 テレビと冷蔵庫が設置されています。
(smilesun021714)
投稿日:2015/04/29
■先生やスタッフの方の対応 3人目の出産でした。過去2回の出産時に産後トラブルがあったため、転院してきました。ほぼ毎回同じ先生に診てもらえ、安全に産めるようにとても一生懸命考えて下さいました。 計画出産になりましたが、入院中もずっと同じ先生が診て下さいました。ただ、若い女医さんも一緒でした。 私は平日昼間の出産で、学生の見学を特に断っていなかったので、大ギャラリーの中で産みました。その時はどうでも・・・・・
よかったけど、後から思い出すと笑える光景でした。 でも、女医さん3人、助産師さん2人、助産師の学生さん2人は女性でしたし、女性スタッフが多いのは安心できます。見学の学生さん3人は男性でしたが。 家族の付き添いがなかったので、助産師の学生さん2人が、陣痛中からずっと腰をさすったり足浴してくれたり、尽くしてくれて、本当に助かりました。 学生さんは朝から夜遅くまでずっと尽くしてくれてたので、不満には思いませんでした。 助産師さんは若い方が多くて最初不安でしたか、みなさん知識も豊富でかなり頼り甲斐があってびっくりしました。 看護婦さんはいなくて全員が助産師さんだったと思います。 先生も、個人病院では数多くいる妊婦の1人、という感じでしたが、京大病院では1人1人に密に関わってくれてフレンドリーで仲良くなれました。 みなさん、明るくて親切でした。もう会えないのが淋しいです。

■この病院の良いところ、オススメポイント 妊婦さんが少なくてスタッフが多いので、至れり尽くせりです。出産も、個人病院は陣痛中はほぼ放ったらかしで、分娩台に乗ってからは助産師さんが1人付いてくれて、産まれる直前に先生が来るという感じでしたが、京大病院は、陣痛中も足浴してくれたりまめに診てくれるし、分娩台登ったら最初から先生も付いてくれて、他の助産師さんが汗拭いたり飲み物飲ませてもくれました。 産後も授乳中にずっとついててくれて、色んな話をしてくれたり、産後の筋肉痛が酷すぎておっぱいが出なかった私に、背中をアロママッサージしてくれたり足浴してくれたりしました。 出産費用も初めて一時金が戻る位安かったし、3人とも違う病院で産みましたが、京大病院が1番良かったです。

■病院の設備や部屋、食事やサービス 4人部屋でした。出産前と産後では部屋が変わりました。産後は翌日から母子同室で、しんどい時は赤ちゃんを預かってくれます。 食事は産前と産後は変わった気がします。産前は病人食っぽかったけど、産後は量も増えておいしくなった気がします。個人病院のような豪華さはありませんが、安いから全然良かったし、お祝い膳は豪華で美味しかったです。 シャワーやトイレなど、古さは否めませんが、掃除は綺麗にされていました。コインランドリーは洗剤はありませんが部屋から近くて便利でした。 産婦人科の入り口はオートロックになっていて、入る時はインターホンを鳴らして開けてもらわなければなりません。ドアの外に自販機があったので、お茶を毎日買いました。たまにローソンや売店でお菓子を買いました。 個人病院のような豪華なサービスや食事はありませんが、その分安いから、3人目を産むにはちょうど良かったです。 とても幸せな入院生活で、ここに入院したいがためにもう1人産みたいと思うほどでした。
(20代)
投稿日:2014/12/12
在宅看護の勉強のために、早朝のカンファレンス(症例検討会)に参加させて頂いたことがありました。 毎朝ルーチンとして行われているカンファレンスではなく、その日特別に、入院患者の一人について詳細に行われるカンファレンスでした。 司会を務めるのは、担当医である神経内科医でしたが、担当医から一通り説明が行われると、その場にいた看護師たち(5、6人)が、入院生活を看ていて得られた情報やご家族やご本人と話して・・・・・
得られた情報などを活発に意見交換し始めました。 さらに後から続々と、患者の看護チーム以外の看護師と思われる看護師たちも集まってきて、これまで関わったあるいは見かけた、患者の生活の様子を意見しました。 そして、担当医はたくさんの看護師たちの意見を聞き、質問を返し、最終的に今後の方針を看護師たちと相談しながら決定されました。 チームリーダーが医師とはいえ、患者の生活を普段看ていて一番良く知っている看護師たちの意見を真剣に聞き、また看護師たちも自分が看護チームか否か、受け持ち看護師か否か、ということに関係なく知っている情報を提供し交換し合う様子がとても印象的でした。 みんなで看ているとはこういうことを言うのか、と思わされました。 チームワークとして望ましい医療体制が出来ていると思いました。
(30代)
投稿日:2014/09/06

全身疾患をもっていても他科との連携で診察も安心、抜歯などの観血系(出血が必要となる外科的処置)の処置も受けられます。
もし診察中に具合が悪くなっても、病院なので救急処置もしてもらえますし、そこにいるスタッフも救急訓練を常にしているのでとっさの処置に対応できます。
またいろんな先生がいるために、みんなの意見でその病気について考えるので治療方法がたくさん見つけられることもあります。

(30代)
投稿日:2014/07/17

入院病棟がキレイです。
抗がん剤治療で免疫力の低下した患者さんが入院しているため、病棟出入りの際はインターホンでドアをあけ、手指消毒・マスクをしてもらうなど徹底しています。
治療経験も非常に豊富で、看護師の層も厚く、専門知識もしっかりとあって最先端の治療が受けられます。
それでいて、看護師は話しかけやすいのでお薦めです。

(30代)
投稿日:2014/07/15

心臓のカテーテル検査や、各種インターベンション(カテーテルを血管に挿入し治療を行う治療法)が必要な患者さんを、よく診ていただきます。
大学病院にしては(と書くと失礼ですが)フットワークが軽く、緊急に対応が必要な患者さんの紹介も気持ちよく受けていただき、フィードバックもしっかりしています。
またフォローアップが必要な患者さんもしっかりフォローしていただけます。

(20代)
投稿日:2014/04/02
突発性難聴になり地元の病院を受診していたのですが、ステロイドが効かずお手上げ状態で耳鳴りに慣れるしかないといわれました。 藁にもすがる思いで京大病院を受診したところ、高圧酸素療法(高い気圧環境の中に患者を入れ、高濃度の酸素吸入で病態の改善を図る治療)という治療を薦められ、チャレンジしたところ耳鳴りがおさまりました。 難聴治療には、治療開始までの期間が非常に大切なので、まず早期の京大病院受診をお薦め・・・・・
します
(30代)
投稿日:2014/03/31

臨床、研究ともに優秀なスタッフが揃っています。
以前、週1回の非常勤でお世話になっていましたが、色々教えていただきましたし、今もわからないことがあれば、連絡をとって教えていただいています。
腎移植も泌尿器とともに行われており、協力体制をとって診療されています。
移植外科が移植後の内科的管理も担当している病院が多い中で、京大ではこちらが担当するので内科的管理がしっかりしていると思います。

(30代)
投稿日:2014/02/19

京大病院では、日帰り手術の施設が充実しているので、子供の小手術やレーザー治療に適しています。
負担の少ないものなら全身麻酔でも可能です。
しっかりと麻酔科医師が管理してくれるので、通常手術と同様の安全な治療が受けられます。
共働きや自営業で入院が困難で手術に踏み切れない家族にとっては、便利であり、治療へのハードルが減り使えるでしょう。

(40代)
投稿日:2014/02/15

従来からあらゆる分野で高度な医療を展開しているが、特にがんセンター発足以降は診療科間の垣根をなくし、症例ごとに関係診療科が寄り集まって総合的に治療方針を決定するシステムを採用しています。
集学的治療(複数の治療アプローチを組み合わせて治療すること)の力を発揮しやすいシステムです。
初診から概ね1週間以内には治療方針が定まり、迅速に治療が開始できるようです。

(30代)
投稿日:2014/02/14

患者さんを非常に丁寧に診察していただけます。
特に腎炎の患者さんでは、腎生検、腎病理診断で非常に専門的な診断、治療の方針の教示をもらえます。
また人工腎臓部が血液浄化に熱心に取り組まれています。
呼吸器をつけた患者の血液透析や血漿交換など、一般病院ではなかなかできない高度専門医療もされています。
腎移植にも外科と一緒になって取り組まれています。

(30代)
投稿日:2014/02/13

友人の手術に付き添いました。
日帰り手術でしたが、待合室が広々しており手術後麻酔からの覚醒中もゆったり過ごす事が出来ます。
また外国語が出来るスタッフが大半です。
執刀医は、熱心で安心感を与えられる先生でした。
術後フォローもしっかりしていました。
待ち時間がある場合は、ポケットベルを渡されるのでじっと待っていなくても大丈夫でした。

(20代)
投稿日:2014/02/12

大学病院であることから、稀少疾患についても専門的な医師が診察をおこない適切な治療が受けられる。
できる検査や取り扱っている薬剤も、ほかの病院とは異なっており、治療の選択肢が広がる可能性がある。
また、最近話題のiPS細胞の研究にも取り組んでおり、近い将来、臨床試験が行われることもあるかもしれない。

(50代)
投稿日:2014/02/12

関西にとどまらず、日本有数の先端医療施設です。
科を問わず最新の医療を受けることが可能です。
多方面において専門スタッフが揃っており、希少な難病の場合でも対応可能です。
最近は開かれた大学病院を目指し、敷地全体、建物にも明るい雰囲気を漂わせています。
最新機器は常にアップグレードされており安心できます。

(50代)
投稿日:2014/01/25
もともと第二内科という名称で、内分泌、糖尿病、肝臓、免疫、血液、神経疾患を診療する部門でしたが、昨今の臓器別内科への移行の流れで、内分泌、高血圧・心臓、糖尿病の専門内科に特化していきました。 一時、糖尿病栄養内科が分離独立しましたが、教授の交代に伴い、現在は、糖尿病と内分泌をメインとする診療科になっています。 糖尿病と内分泌疾患のそれぞれの専門外来が糖尿病専門医、内分泌専門医によって毎日担当されて・・・・・
います。 特に糖尿病外来は歴史も古く、合併症のある患者にも評判がいいです。 大学病院であるため当然のことながら高度先進医療が受けられますが、外科系診療科との連携が密に行われており、下垂体疾患は脳外科、甲状腺疾患は耳鼻科、副腎疾患は泌尿器科と連携しています。
(50代)
投稿日:2014/01/25
以前、私自身が研修医としてこちらに勤務し、病棟業務をしていました。 近年の医師不足を受けて内科をはじめ、各科の統合が始まっていました。 例えば第二内科と病態栄養科が統合され、「糖尿病・内分泌・栄養内科」という名称となっています。 でも外来で受診する分においてもその方がわかりやすいので便利かと思われます。 iPS細胞を含む再生医療のセンターもあり、今後はこの分野でも新しい治験や治療が行われていくと予・・・・・
想されます。
(50代)
投稿日:2014/01/22

口腔外科の中でも多くの専門領域ごとにそれぞれの分野を得意とする医師が常在している。
必ず複数の医師の判断、目で見るようなので、偏った治療方針にはならない。
多くの他科重症疾患を持った患者さんが訪れているので、どのような重症疾患を持った方にでも対応可能である。
緊急事態が生じたとしても十分な設備を備えており対応可能である。

(50代)
投稿日:2014/01/21

腫瘍外科の専門外来があり、骨肉腫などの悪性腫瘍を見つけたときに、今後の治療を安心して任せることができます。
実際、骨肉腫の小児を紹介した際には素晴らしい治療をして頂き、現在でもその患者さんは元気で暮らしています。
診断に困った症例を診断していただけるもの安心できます。
脊椎専門外来もあり、治療に難渋している症例を紹介しやすいです。

京都府京都市左京区-京都大学医学部附属病院のmap

   

口コミが多い婦人科ベスト20