北海道札幌市北区-北海道大学病院-婦人科の口コミサイト
北海道札幌市北区-北海道大学病院-婦人科の口コミ
文字|北海道札幌市北区-北海道大学病院の婦人科の口コミ
テレビ|北海道札幌市北区-北海道大学病院の婦人科の口コミ
吹き出し|北海道札幌市北区-北海道大学病院の婦人科の口コミ
婦人科選びで迷っている方のために、
あなたが実際に体験した
真実の口コミ情報をお寄せください。
     
pc
R
口コミ投稿によりメールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。『ヤラセ』や『宣伝』ではない真実の口コミが、皆さまの婦人科選びの参考になります。
Top > 北海道 > 北海道札幌市北区 > 北海道札幌市北区-北海道大学病院

北海道札幌市北区-北海道大学病院の口コミ

住所:北海道札幌市北区北十四条西5丁目
電話番号:011-716-1161

MAP地図はこちら

92件の口コミ

口コミを書く

メールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。お気軽に投稿してください。

管理人が「やらせの口コミ」「宣伝目的の口コミ」「誹謗中傷目的の口コミ」などを精査のうえ掲載しますので、2~3日後に掲載となります。
確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

    匿名希望

    ■先生やスタッフの方の対応
    妊娠中から、子どもに異常があることがわかっていたが、先生達はみな優しく、いつも質問がないか聞いてくれていた。産後、子どもが手術をしたが、助産師さんは話をきちんと聞いてフォローしてくれた。 関わった先生やスタッフの方はみな良い方ばかりだった。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    異常分娩がほとんどなので、対応がしっかりしている。ひとりの先生ではなくチームで診てくれるので安心。 大学病院なので、何かあっても母も子どももすぐに適切な処置が受けられる。とにかく安心感が強い。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス
    建物は古いですが、掃除はきちんとしています。 手指消毒するための消毒薬はあちこちに設置されているけれど、便座に使用できる消毒薬はなぜか置いてません。食事は病院食で、希望食の選択は数十円のお金が発生します。お祝い膳はなし。 病院の寝衣が絶対で持ち込みをきてる方はいません。 お産セットはないけど、産後に使う使い捨ての北大仕様の産褥ショーツは購入が必要。1000円近くする。 大体の物は院内のローソンでも買えます。 院内、銀行ATM(道銀、北洋、郵便局)、コンビニ、レストラン、タリーズ、サーティワン、など色々あって便利です。面会は感染予防で厳しいです。夫でも大部屋内には入れません。祖父母の子どもとの面会は窓越し面会で、父親は面談室で、となります。小さい子どもや、上のお子さんは全く病棟内に入るのが不可です。授乳室ないので、ベッドでの授乳になります。私の分娩料金は、大部屋、3日間誘発の、産後8日間入院、帝王切開なので保険きいて、一時金引いたら数万でした。食事、寝衣、産褥ショーツ位が自費分と思います。

    匿名希望

    ■先生やスタッフの方の対応
    今のところ、毎回先生が違いますが、皆さん丁寧に対応してくれます。
    大学病院だから冷たいイメージを持ってましたが、その他のスタッフも優しいと思います。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    大学病院なので、他の産院と違い、検査で確認してくれる項目が多く安心できます。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス

    匿名希望

    ■先生やスタッフの方の対応
    先生は担当制ではないので毎回違います。助産師さんはみなさん感じがよかったです。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    検診はほぼ予約通りの時間で視てもらえたので、待ち時間はあまりありませんでした。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス
    4人部屋でした。食事は普通の病院食といった感じで、お祝い御膳などはありません。
    授乳室はなく、自分の病室で授乳します。病室にはお見舞いは入れないので、デイルームまで出る必要があります。帝王切開の翌日にデイルームまで歩いていかなければならずつらかったです。
    赤ちゃんとの面会は赤ちゃんの父母・祖父母のみで、面会室も30分間の予約制です。

    おじぽん

    ■症状と来院までの経緯
    病気が分かる数年前から鼻粘膜が腫れあがり鼻腔が塞がってしまい、鼻呼吸が出来なくなり、臭いも無くなっていました。
    耳鼻咽喉科の病院で2度手術をしましたが、数ヶ月でまた腫れあがってしまい原因が分からずにいました。
    その後、頻繁に高熱(39度~40度)が何日も続くようになり、就寝中にシャツを何度も交換しなければならないほどの寝汗が毎日続き、全身の痒みと倦怠感に膝の関節痛等の症状が現れてきて、紹介状はありませんでしたがすがる思いで北海道大学病院へ行きました。

    ■看護師や受付・スタッフの対応について
    看護師さんは、とても優しく親切で入院中の副作用が酷かった時には、マメに様子を見にきてくれて、細かいところまで気にかけてくれて助かりました。
    特に痛みの酷かった時のケアでは親身になって対応をしてくれました。

    ■診察までの待ち時間や混雑度
    沢山の患者さんが待っていたので、2~3時間待つことを覚悟して通院をしていましたが、平均すると60分の待ち時間くらいでした。大学病院としては、そんなに待たされた方ではなかったと思います。

    ■施設の清潔感・充実度
    大学病院だったので、CT、MRI、PET検査は設備が充実して安心して任せられました。
    幾つかの診療科を行き来することもありましたが、同じ病院内だったので面倒な手続きも無く受診出来ました。
    清潔度に関しては、病院内のマニュアルに沿って行われていたと思います。
    特に不潔な部分はありませんでした。

    ■医師の診断・治療法・説明について
    何年間もいろいろな症状が出ていましたが、原因が分からずにいましたが、北海道大学病院でようやく悪性リンパ腫だと分かりました。
    私の悪性リンパ腫は確立された治療法がありませんでしたが、その中でも数少ない症例から、抗がん剤と放射線治療を同時に致死量ぎりぎりまで使う治療法で副作用が酷かったですが、助けてもらいました。

    ■実施した検査や処方薬について
    症状だけでは病気の原因が分からなかったので、血液検査を初めにCT、MRI、PET、組織採取等の検査を実施。
    2週間くらいで悪性リンパ腫と判明されて、長期入院治療へ。

    ■診療を受けての全体的な感想など
    設備がきちんとしていたことが、いちばん大きかったと思います。待ち時間も想定内でしたし、検査結果も比較的早く出てきていたので、小さい病院とは違うと思いました。

    おじぽん

    ■症状と来院までの経緯
    昨年夏頃から左下顎辺りの歯茎が腫れて痛みが強くなり、口が2cm位しか開かなくなってしまいました。
    近所の歯科医院に紹介状を書いてもらい、北海道大学病院の口腔外科で検査をしてもらいました。
    何度も炎症を繰り返すようになったために手術で炎症部分を切除しました。

    ■看護師や受付・スタッフの対応について
    看護師さんは、どなたもとても親切に対応をしてくれました。
    傷口のガーゼ交換や食事ができなかった時期の対応は、私に負担が掛からないように言葉使いも丁寧に気を付けてくれているのを感じました。

    ■診察までの待ち時間や混雑度
    いつも予約をして通院をしていましたが、予約時間前に診察をしてもらった事も何度もあり、待たされた時でも10分位しかなかったので全く問題はありませんでした。

    ■施設の清潔感・充実度
    大学病院だったので、設備は新しくはありませんでしたが、機材等は充実していましたし清潔度は問題ありませんでした。
    特に手術後の傷口の洗浄と消毒は丁寧にして頂きました。

    ■医師の診断・治療法・説明について
    当初は注射器での患部の洗浄で対処していく予定でしたが、何度も腫れと痛みを繰り返すようになってきたため、手術をすることになりました。
    だだし、放射線を大量に浴びた事が原因で顎骨骨髄壊死になってしまったので、顎骨の切除の際に代替えに人口プレートや骨の移植もできない旨の説明を受けました。

    ■実施した検査や処方薬について
    患部のレントゲンとCT検査で病状の確認をしました。
    うがい薬を水で薄めて、食後と就寝前に注射器で歯茎の中の洗浄
    患部の腫れと痛みが酷かったため、鎮痛剤と抗生剤で対応。

    ■プライバシーへの配慮について
    プライバシーの保護に関して不審に思ったことはありませんでした。
    何人かの患者さんと隣り合わせで診察や治療をされたこともありましたが、個人のプライバシーに関係するようなことは私を含め他の患者さんの方からも聞こえてきたりしませんでした。

    ■診療を受けての全体的な感想など
    全体的な感想は診察、治療、ケアも含めて満足していますが、ただ一つだけ先生と看護師さんに確認をさせてもらった事がありました。
    それは入院終盤頃に入院中にも関わらずインフルエンザにかかってしまいました。
    その時に、直ぐに個室に移動させられたのですが、翌朝に「明日退院してもらいます!」と急に言われました。
    前日に、「傷口の塞がりがまだ完全ではないので、もう少し入院できませんか?」と言われていたので、真逆の対応に驚きました。
    後で先生から、「大学病院の運営上申し訳ありません」と言われましたが、もう少し病院としての対処方法は無かったのかな・・と思いました。

    なつ

    ■症状と来院までの経緯
    3日前に旅先でバイク転倒事故を起こし、地元の診療所に緊急搬送されました。
    そこでレントゲンを撮った結果、左下顎が骨折したことがわかりました。
    ただそこは道外だったため、北海道の病院に診断書を書くことができないと告げられ、自力で北大病院を予約しました。
    北大病院を選択した理由は、通院のしやすさと大学病院という安心感です。

    ■看護師や受付・スタッフの対応について
    1日に何度もお声をかけてくださり、夜中も頻繁に見回りにきているのがわかりました。
    こちらの不安の声はなんでも聴いてくださる姿勢があり、とても好感のもてる看護師さんばかりでした。

    ■診察までの待ち時間や混雑度
    9時という予約で伺ったにもかかわらず、それでも30分以上待たされたのには驚いた。
    とにかく人が多い。また、予約をする段階からなかなか電話がつながらないという事態もあった。
    何度もかけなおしが必要で電話がつながるまでに20分は要した。

    ■施設の清潔感・充実度
    古い建物なので、必ずしもきれいとは言い切れない。
    しかも毎日たくさんの人が出入りしている大きな病院なので、院内の移動に使用するエレベーターも待ち時間がかなり長く、少しの移動でも時間がかかるため、術後の体には少し負担を感じた。

    ■医師の診断・治療法・説明について
    治療を行う際は必ずこちらが納得するまで丁寧に説明していただきました。
    常に2人以上の先生がその場にいてくれる中で、固定器具を装着したり、診断などがありましたので、複数の意見の中で治療されているこtの安心感がありました。ただ、大学病院ですので研修医の方が多くいて、治療中も痛みを感じることが多々ありました

    ■実施した検査や処方薬について
    骨折の疑いがあったので、レントゲンを撮影し、その後入院の準備のため血液検査や呼吸機能の検査を行いました。
    ただ顎の骨が折れていたため、呼吸機能検査で使用するパイプを口にいれることができずに困りましたが、技師の方のさまざまな工夫もあって無事に検査することができました。

    ■プライバシーへの配慮について
    口腔外科ということで、個室のような診察室は利用せずに、歯医者で使うベッドがずらっと並んでいた場所で診察や説明が行われました。一応カーテンで区切られてはいますが、自分が診察を受けずに待っている間は近辺の人の声がよく聞こえました。プライバシーという意味では若干守られてはいないかもしれませんが、気になるほどではありませんでした。

    ■診療を受けての全体的な感想など
    診察をうけるまでに待ち時間はあったものの、診断されてからは迅速に対応していただきました。
    医師の方の説明も大変丁寧で、必ずベテランの先生がおひとりついているという体制に安心感を覚えました。
    退院後も何度が通院しましたが、体に不安を覚えたときになかなか予約ができず、次の診察まで待つということも大病院だとあるので、そのあたりはもっと電話回線を増やすなどして対応していただきたいと思います。

    バド

    ■症状と来院までの経緯
    歯石が目にはっきりと見えるほどついていたのでその除去をしたいと思っていたが億劫で通院していなかったが、歯茎も腫れぽったくなりじわりと鈍痛の症状が現れてきたため思い腰をあげた。

    ■看護師や受付・スタッフの対応について
    看護師は大学病院なので沢山いて、人により対応の良し悪しがあったものの、悪いと言い切れるほどの人はいなかった。

    総合的にみると、普通のレベルの人と応対がよく愛嬌がある人が一人いた。

    ■診察までの待ち時間や混雑度
    この病院は各医師がそれぞれ自前のスケジュール手帳を持っており、スケジュール管理を徹底して行っていたため、予約時間より治療が遅れることはほとんど無かった。

    待つとしても5分程度であった。

    ■施設の清潔感・充実度
    大学病院というだけあり、設備は近所の個人の歯医者では見かけない治療道具があり、大した立派であったが患者が多いためか、清潔度合いはよくみると細かいところが汚れていたりした。その点では近所の歯医者の方がよいと思った。

    ■医師の診断・治療法・説明について
    診断は歯周病の悪化にともなう歯肉炎で、神経まで虫歯が達しているため神経を抜いて根の治療が必要とのことで、他にも全体的なクリーニングと他にも直さないといけない虫歯があるとのことであった。

    根の治療は、麻酔をしての治療であったがそれでも痛みをともなった。

    通う回数も7回ほどかかった。

    ■実施した検査や処方薬について
    レントゲン検査は何度か受けているが、奥歯一本のみだったため、口の中に小さいレントゲン板を入れて自分の指で押さえて撮影をした。

    大きな病院で慣れているためか、非常にスピーディーで僅か2分ほどであっという間に終わった。

    検査よりレントゲン室への移動の方が時間を要した。

    ■プライバシーへの配慮について
    正直に申すと、自分は患者として病院に通っていただけなので、病院がどのようにプライバシー保護を行っていたかは検討もつかない。こういうご時世なので基本的な個人情報の管理は徹底していると思う。

    ■診療を受けての全体的な感想など
    初めに担当した医師はまだ経験が浅い医師であり、治療のことを聞いても自分が治療できる範疇ではなく、全くもって頼りなかった。

    代わって担当になった医師は経験豊かで何を質問しても明確に答えてくれて治療の方の腕もよく、こちらの不安を取り除き、最小限の痛みで治療してくれたことを感謝している。

    まあもす

    ■症状と来院までの経緯
    症状が出たのは1年前で札幌市立病院からの紹介で北大病院にいくことになりました。
    手術をするのに私立病院にはできる体制がなかったためです。
    症状は主に身体全体の筋肉のこわばりです。

    ■看護師や受付・スタッフの対応について
    看護師は親切ですが、いつも忙しい様子です。
    会計の職員は素っ気なくて、あまり良い印象はうけません。
    もっと笑顔があれば雰囲気が柔らかくなると思います。

    ■診察までの待ち時間や混雑度
    予約で入っているのでいつもあまり待ちません。本日もほとんど待たずに診察室に呼ばれました。
    ただ会計は時間がかかり、窓口が3か所しか開いておらずイライラしました。

    ■施設の清潔感・充実度
    大きな病院ですが古いので掃除ができていても薄汚れた感じはします。たくさんの方が訪れる病院ですのでいろいろな検査ができますし、来院された方のための売店等も充実しています。

    ■医師の診断・治療法・説明について
    神経内科は特殊であるのか札幌全体でもあまり医師はいません。 そのため患者には選ぶことができません。いい加減だと思ってもどうしようもありません。

    ■実施した検査や処方薬について
    定期受診で検査は特になにもしませんでした。

    薬も定期で通っているため内服薬に変更なくいつものです。

    全身のこりがありますので今日はシップを追加してもらいました

    ■プライバシーへの配慮について
    診察室の扉は開けっ放しで大きい声で話したことは外の待合室に筒抜けです。 科によって違うようできちんと中待合室があって診察室の扉がしまっていところもあるようですが、私が行っているところは違います。

    ■診療を受けての全体的な感想など
    何処にでもある診療科ではないため、基本的には満足するよりどうしようもありません。 ほかの北大病院にかかりたくてもかかれない地方の方などには羨ましがられます。
    患者が選べる状態ではないのです。

    ちゃむちゃむあー

    ■先生やスタッフの方の対応
    看護師さん、お医者さん、事務の方など皆さんが明るく親しみやすく、テキパキとしていてとても安心、リラックスして検診や入院生活を送ることができました。イメージしていた大学病院とは大違いでした(笑)
    設備も古くなく、何よりもスタッフの方の親切さ、雰囲気が何より素敵でした。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    妊娠に直接関係ないところで体調を崩したのですが、さすが大学病院。産科病棟に入院しながら、違う科の先生に見ていただくことができました。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス
    四人部屋への入院でした。食事は病院食!というかんじでしたが美味しかったです。クリスマスにはケーキが出たりもしました。
    浴室はシャワールームが二つ。混み合うことはありませんでした。ドライヤーもパワフルで、人気の機種が置いてありました。洗濯機が置いてあり、乾燥室なども使いやすかった。
    冷蔵庫に保冷剤があり使いたいときはいつでも使えるのも良い。

    40代

    入院患者数に対して医師数が充実しており、他の病院に比べて明らかに医師の診察回数が多いです。
    検査機器に関しては道内最高水準であり、更に身体合併症への対応もきちんとしてくれます。
    患者さんの診断に関して、多くの医師の意見が反映されており、より正確な診断に基づいた治療が遂行されます。

    50代

    北海道の医科大学の一つである、北海道大学医学部の附属病院です。
    その中の小児科は、多くの診療グループを抱えた専門医療を行っています。
    多岐にわたる疾患の充実した診療が可能。
    札幌市内はもとより、北海道内全体からも診療を希望する沢山の病児が集まっています。
    治療成績が優れているだけではなく、優秀な人材を全国に輩出してもいます。

    たかし

    ■症状と来院までの経緯
    健康診断で心臓の不整脈が見つかり、地域の病院を受診した際に北海道大学病院を紹介された。

    そして心臓に何らかの病気があるということがわかり、検査入院という形になった。

    ■看護師や受付・スタッフの対応について
    看護師は皆親切で言葉遣いもきれいだった。

    またこまめにコミュニケーションをとってくれるので、安心して入院生活を送れた。

    検査の方法なども丁寧に説明してくれるのでよかった。

    ■診察までの待ち時間や混雑度
    予約を取っていたので比較的スムーズに検査を受けることができた。

    ただかなり混雑していたので、予約をしないで受診すると時間がかかるだろうという印象を受けた。

    ■施設の清潔感・充実度
    病院内は非常に清潔でリラックスすることができた。

    コンビニや飲食店も複数入っているので、飽きないで入院生活を送ることができた。

    また温室があり木々や花の下で落ち着くことができた。

    ■医師の診断・治療法・説明について
    医師はチーム体制を組んでおり、チームで病名診断、治療を行うという形だった。

    診察も非常に丁寧で、また励ましの言葉などをたくさんかけてもらい、勇気が出た。

    ■実施した検査や処方薬について
    北海道大学病院には検査入院という形で入院したのだが、検査はカテーテル検査、24時間ホルター心電図、運動負荷試験、レントゲン、心エコー検査などを行った。

    検査の待ち時間も少なくすばやい検査を行うことができよかった。

    ■プライバシーへの配慮について
    診察室では一人一人が個別に診察を受けるのだが、カーテンではなく扉で仕切っているので、会話などはほぼ聞こえないというプライバシーの配慮がされていて、よかったと思う。

    ■診療を受けての全体的な感想など
    医師、看護師の丁寧な対応、スピーディーな対応に非常に満足した。

    また病院内も清潔感があり、充実していた。

    さすが北海道で歴史、実力ともにトップクラスに位置する病院だと感じた。

    とぽる

    ■症状と来院までの経緯
    健康診断で子宮がんが見つかり、そのまま入院しました。

    そこで、全体の検査を行ったところ、糖尿病であることが分かり、同時に眼科も受診することとなりました。

    眼底の出血があったため、レザー治療後、経過観察中です。

    ■看護師や受付・スタッフの対応について
    看護師さんは的確に見てくれているので別に不満などはありません。

    スタッフさんは患者が多いのと、同じ時間帯で何件も患者の予約を入れているため、患者からのクレーム対応で動いていることが多いと思います。

    ■診察までの待ち時間や混雑度
    今は朝一での診察に変えてもらったので診察までの時間はおおよそ1時間くらいです。

    以前は午後に予約を入れていたので、どんどんずれ込んで2~3時間待たされることがざらでした。

    先生が緊急オペでいないのに3時間くらい待たされたことがあり、患者の怒りが爆発したこともあります。

    ■施設の清潔感・充実度
    清掃の方が常時働いているので、いつ行ってもきれいです。

    トイレなども備品が切れているということはありません。

    逆に施設が充実しているがゆえに患者が多く、待ち時間が長いのが嫌な点だったりします。

    ■医師の診断・治療法・説明について
    レザー治療を始めた時は逆に見えなくなったり、レザーが痛かったりと嫌な思いばかりしましたが、今は症状が落ち着いているのでやって良かったのだと思います。

    ■実施した検査や処方薬について
    初めに視力検査や眼圧検査をした後、瞳孔を開く薬を点眼される。

    瞳孔が開くのに時間がかかるため、本来の診察までの時間が異様にかかる。

    検査が終わった後、瞳孔が元に戻るのが数時間かかるため、日差しが強い時期に家に帰るのが困難。

    ■プライバシーへの配慮について
    病院側のプライバシーに対する考えはあるのだと思いますが、呼び出しは名前ですし、特に気を使っているとは思えません。

    ただ、総合受付では、本日の診察について聞く質問は「保険証を出して下さい」「薬は処方されましたか」くらいなので、プライバシーを侵害しているとは思えません。

    ■診療を受けての全体的な感想など
    朝一での診察になったので午前中のうちに診察が終わるので良くなったと思っています。

    ただ、瞳孔を1度開くと中々戻らないので、瞳孔を閉じる点眼薬もあればいいのにと思いました。

    こはる

    ■症状と来院までの経緯
    かかんきは中学生のころからなっており、最近ひどくなり呼吸が止まってしまったり、意識がなくなり暴れることがあったのでいつもの病院ではなく大きな病院で見てもうことになり北海道大学病院へ行くことになった。

    ■看護師や受付・スタッフの対応について
    看護師の方々も検査の時とても優しくしていただいた。あと何度も検査に行ったときに優しい声などを掛けてくれ私のことを覚えてくれていたことがとてもうれしく思った。

    しかし、看護師の方々の笑い声などが少し気になった。

    ■診察までの待ち時間や混雑度
    その日はとても込んでいたので待ち時間はとても長かった。混んでいたのでしょうがないがお会計などでも毎回混んでいたため少し待つのに疲れてしまった。もう少し休める場所を作ってほしい。

    ■施設の清潔感・充実度
    検査が何度もあったため長時間病院にいることになったが病院には自動販売機っも多くあり、食べ物などもしっかりあったため長時間も苦にならなかった。

    何度もトイレにも行ったが毎回とてもきれいでよかった。

    ■医師の診断・治療法・説明について
    担当していただいたお医者さんや看護師さんみなさんがとても優しくしていただき、安心して検査を受けることができた。

    私のこの症状はわからないみたいだったけれども丁寧にいろいろな方法を探していたおかげで今は安心して生活できています。

    ■実施した検査や処方薬について
    検査は、呼吸の量を調べていただき杯の強さやどうしてかかんきになってしまうかなど丁寧に検査していただいた。

    結局今度精神科に通うということになった。しかし、その後にも頭の検査などもしたいただいた。

    ■プライバシーへの配慮について
    しっかりしていると思う。

    ■診療を受けての全体的な感想など
    病院自体はとてもいいところだったが、患者の子供への注意などがされてなく少し騒がしかった。

    しかし、先生や看護師さんはとても優しくしていただけたのでよかった。

    タケル

    ■症状と来院までの経緯
    前歯が痛み、どうやら他にも虫歯がある感覚でした。

    どうにか安く治療できるところがないかと探したところ、札幌では一番安いであろう北大病院に行きました。

    ■看護師や受付・スタッフの対応について
    やはり学生さんは学生さんだな、といった印象でした。

    少し不安はあります。

    待合室の事務さんなどの対応も少しきつめのときがありました。

    価格を考えると妥当です。

    ■診察までの待ち時間や混雑度
    手続きなどがあり、初回だけ時間がかかりました。

    その後は10分しないで入れるときもありました。

    混み具合にあまり関係なく、診察してもらえる点は良いとおもいます。

    ■施設の清潔感・充実度
    やはり大きい病院なので、待ち時間も少なく、いろんな機器が置いてあるように思いました。

    特に不自由に思った点がなかったので、問題ないと思います。

    ■医師の診断・治療法・説明について
    基本的に重要な部分は後ろについてる先生が削りますが、それ以外はほぼ生徒さんです。

    まるで実験されてるような感じもありますが、全く痛みもなく、スムーズに終わりました。

    ■実施した検査や処方薬について
    北大病院の歯科は、基本的に内部の学生さんが見てくれるため、安価で診察可能です。

    少し怖いと思われがちですが、後ろについてる先生方がとても優秀な方ばかりで、痛みも全くありませんでした。

    ■プライバシーへの配慮について
    名前を呼ぶのも診察のときだけで、他の取引はすべて機械でしたので、プライバシーはしっかり守られてるようでした。

    機械についても柵がしっかりありました。

    ■診療を受けての全体的な感想など
    価格にしても、痛みについても、非常に満足のいく内容でした。

    安全性が心配な方がいれば、その不安を先生に言えば、何らかの対策を練っていただけるかもしれません。

    みっちー

    ■症状と来院までの経緯
    最初は、何となく気持ちが塞ぐ程度だったのですが、段々、朝起きるのが苦痛になってきて職場へ行くことが困難になってきたので、来院しました。

    症状としては、憂鬱な気分と躁状態の繰り返し…他には頭痛などです。

    ■看護師や受付・スタッフの対応について
    看護師さんとはあまり会話しないのですが、余計なことをするような人はいませんし、みなさんマジメな印象です。

    稀に、他の病院でチャラチャラした印象の看護婦さん・看護士さんに遭遇することがあるのですが、特にこの病院にはそういった人はいなかったと思います。

    ■診察までの待ち時間や混雑度
    人気のある病院ですので、待ち時間は毎回長かったです。

    予約しなかった時などは、2時間待ったこともありました。

    予約すれば、10~30分程度の待ち時間で呼ばれるので、不満はありません。

    ■施設の清潔感・充実度
    施設は充実していると感じます。

    器材などもしっかりしていると思いますし、清潔です。

    どの病院もそうだと思いますが、掃除も行き届いていましたし、不潔な印象はないです。

    ■医師の診断・治療法・説明について
    先生からは、「いきなり治るようなものではないので、地道に治していきましょう」と言われました。

    明確な治療方法はないとのことだったのですが、とにかく睡眠リズムや食事など、基本的なところを整えるのが先決だと言われたので今も決まった時間に食事・睡眠をとるようにがんばっています。

    ■実施した検査や処方薬について
    昨年、憂鬱な気分が続く時期があったので、北海道大学病院の心療内科を受診しました。

    食欲がないことと、気分が優れないことを訴えたらドグマチールを処方されたので飲み続けたのですが、食欲が戻ってきたおかげで体が元気になったように思います。

    ■プライバシーへの配慮について
    親族といっしょに受診したことがあったのですが、その時にはわたしの情報は筒抜けになってしまいました。

    お医者さん側は、特にプライバシーは気にしない様子でしたし、親族を連れていっしょに診察室に入るからにはそれ相応の覚悟が必要なようです。

    プライバシーを気にする方は、診察室には一人で入ったほうがいいと思います。

    ■診療を受けての全体的な感想など
    お医者さんはみなさんいい人ですし、看護師さんや受け付けもしっかりしていると思います。

    特別なサービスなどはないので、過度な期待をしてしまうと裏切られるのかもしれないのですが、私はこの病院で満足していましたし、ちゃんとした病院だと思います。

    匿名希望

    ■先生やスタッフの方の対応
    先生も看護師さんもたくさんいます。
    わからないことや不安なことも、丁寧に教えてくれますし、話を聞いてくれました。
    母乳のケアや授乳の仕方も、わかりやすく指導してもらえて心強かったです。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    NICUやGCUが併設されていること、小児科があること。
    新生児専門の先生もいますし、他の診療科とも連携してくれるので、
    赤ちゃんやお母さんに何かあれば、すぐに対応してもらえます。
    入院中は貸出の病衣で過ごす決まりなので、私物パジャマは必要ありません。
    赤ちゃんの紙オムツや着るもの(短肌着、長肌着)は病院で用意してあります。
    荷物が少なくて済んだので助かりました。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス
    1階にレストランやタリーズ、ローソンがあり便利です。
    病棟にローソンの移動販売がくる日があります。
    食事はごく普通の病院食です。
    面会に来る方は感染防止のため原則マスク着用となっています。
    個室に入院していれば個室内での面会が可能、大部屋の場合は面談室かロビーでの面会です。
    テレビカードを使って病棟内の洗濯機(洗剤は各自用意)や乾燥機を使うことができます。
    コンセントもテレビカードがあれば無料で使用でき、携帯充電などに便利です。

    匿名希望

    ■先生やスタッフの方の対応
    丁寧で優しい対応です。
    毎回先生が違いましたが、いろいろな先生の意見をとりいれるための方針だそうです。
    出産のあとは助産師さんはもちろん、先生もちょこちょこ病棟に顔をだしてくださいました。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    産科、小児科、いろいろな科の先生たちが連携してるので安心して出産することができました。
    何かあった時の安心感はあると思います。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス
    お茶や水は飲み放題でした。
    食事は普通です、1階にローソンが入ってるのでお見舞いの人に頼めばいろいろ買ってきてくれます。

    30代

    大学病院だけあって症例は特殊なものが多いです。
    北海道全体という医療圏から、さまざまな患者も集まってくるため、症例は豊富といえば豊富です。
    指導医や専門医も多く、修練を積むには北海道においてはよい施設だと思います。
    学会活動、論文活動なども比較的積極的に取り組んでおり、優秀な研究者も数多く輩出・在籍しています。

    40代

    札幌近郊の総合病院に勤務していますが、小さな病院で対応困難な難治な症例など、何度か引き受けて頂きました。
    研修医の頃には短期間ですが自ら勤務経験もあります。
    研究のみならず、臨床にも積極的で、北海道の医療への貢献度は大きいと思います。
    新臨床研修制度がはじまってからは人不足が進んでいるようですが、地方病院への人材派遣など、北海道の医療を支える上で、なくてはならない大切な医療機関であると思います。

    みずほ

    最近、形成外科に入院してきました。私はこどもの付き添いです。
    入院病棟も人気で、予約待ちが3~4か月という人も多いそうなので、これから入院される方も多いと思います。
    すこしでも、お役に立てますように…
    付き添い人のベッド→こどもが小さいなら、一緒にベビーベッド(柵が頑丈で、家庭用のものより大きい)に入って寝る。簡易ベッドを有料で借りることも可能だそうです。
    寝具は、掛け布団のほか、薄手の白いタオルケットがあります。
    枕は大人用ひとつなので、病院のは付き添い人が使って、家からこども用を持ってくるといいかもしれません。
    12月でも暖かい病院だが、寒がりな人は、もう一枚タオルケット・毛布があっても。
    個室は、その階は5部屋程度だったが、よく埋まっていました。
    こどものいる方は、ベビーカーが重宝。ベビーカーは数が足りれば借りれるらしいが、自分のを持ってきた方が無難です。
    こどもが夜泣きしたら、ベビーカーで連れ出し、廊下を散歩か、プレイルーム(混)へ。
    患者の食事は部屋で。
    付き添い人の食事(病院食はでない)について病院で調達する場合は、レストラン・ロイヤル(混)、ローソン(混)、出前など。
    家から持ってくる人も多いです。
    パン、カップ麺、ぱぱっとライス、バナナ、みかんなど。
    持ってくると経済的に助かる。
    電子レンジあり。
    テレビ/冷蔵庫カードは買わない人も多いので、冷蔵が不要で、ある程度保存できる食品が活躍します。
    トースターもあるので、パンに塗るものや、紙皿、割れない皿など用意してもいいかもしれません。
    デイルームに出前ファイルあり(公衆でんわのところ)、入院階数のロビーを指定して出前をとる。
    食べ終わった皿は、給湯室の台へ。
    食器洗い用の洗剤や、スポンジはない。
    給湯室にもない。
    洗いものがありそうな人は持ってきた方がいいかも。
    給湯室は狭い上、看護師さんも使うので、混む。
    給湯室のお湯は熱いので、カップ麺が作れる。
    給湯室に、電子レンジやトースターがある。
    ロビー横の給湯室にも、電子レンジやトースターがある。
    給茶機(水・お湯・番茶)あり。
    給茶コーナーやロビーに、コップが備えつけていないので、マイボトルを持参する人もいるが、高さ制限があるため、マグカップが無難かも。
    紅茶のティーバックなど家から持ってくると楽しめるかも。
    コーヒーなら、タリーズコーヒーがある。
    野菜が不足しがちなので、青汁、野菜ジュース、食事置き換え型ダイエット食品などあると便利かも。
    いつもより栄養不足ぎみになるので、栄養補助剤、栄養不足による手荒れ対策のために、ハンドクリームなどあってもいいかも。
    ローソン広し。
    北大グッズ(ペン、ノート、ストラップ)なども売っている。
    ゆうぱっくを出すことができる。
    自動機で写真の現像もできる。
    ATMいろいろ(ゆうちょ、道銀、北洋)あり。
    エレベーターの待ち時間が、日中はかなり長い。
    満員ランプがあり、満員だと通り過ぎる。
    階段を使った方が早い。
    シャワー、浴室は予約制。
    浴室は個別風呂(家庭用のお風呂のような)持ち時間40分。
    洗面コーナーは、洗面ボウルが4つほど並んでいる。
    ハンドソープ、アルコール消毒も完備。
    各所に、おてふき用の紙ナプキンがあって助かる。
    洗濯物を干せる、乾燥室がある。
    靴下などの小物を干したい時は、専用ハンガーが必要。
    普通のハンガーなら、いっぱいかかっている。
    ドライヤーは3台あった。
    設置式のではないので、使いやすい。
    看護師さんは少ない人数でまわしているようで、忙しそう。
    シフトも多く入っている様子。
    入院・退院の時の、駐車場料金は、30分以内なら無料です。
    退院会計は、平日のみ計算ができるそうです。
    週末に退院になりそうな人は、あらかじめ、金曜のうちに計算してもらい払います。
    退院の朝は、朝10時までには退院するきまりだそうです。
    以上、思い出せるのはこんなところでしょうか。
    誤りがあったら申し訳ございません。

    3086

    ■先生やスタッフの方の対応
    切迫早産で入院していたのですが、大学病院なので、朝の回診時には、たくさんの先生が来て心強かったです。お産、出産後の母乳など、意見を聞いて尊重してくれるのが嬉しかったです。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    出産後入院中は病院の紙おむつを使ってよいので、入院時の荷物が少なくて良いです。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス
    食事は、二種類の中から選択できます。面会者は、病室には入れず面談室で会います。

    30代

    北海道大学病院は、北海道全土の患者を診察することになります。
    遠くからでは釧路や東北地方からも患者が来ます。
    特に小児の患者が多く、顔の先天的な障害を治すために年に何回も通院される方もいます。
    さらに就学するまで入院が繰り返させられるため、小児看護も行いながら顔や身体的障害を抱えた患者や母親の看護をすることは、一緒に成長も見守ることができ、やりがいのある職場であると思います。

    50代

    いつでも混雑していますが、待っている人があとどの位待つかの検討がつくようなシステムになっています。
    採血やX線検査の効率が良く、診察室では一人ひとりの患者の話を良く聞いて、良く説明してくれます。
    そのため、一人の患者に相当長い時間を掛けて診てくれます。

    40代

    私が通う診療科は、予約制です。
    ほぼ、予約時間内に呼ばれますので大変助かります。
    また、待ってる間に次回の時間予約をクラークさんが自ら聞きに来るので無駄がなく良いですね。
    複数の診療を受ける場合も、患者さんの意向を聞き入れ臨機応変に対応してくれます。
    担当医は、ゆっくり丁寧に話を聴いてくださり、難病と一生付き合う私にはとても心休まります。

    30代

    先生にもよりますが、今の主治医は、待ち時間をなるべく短縮できるよう効率よく検査をしてくれます。
    整形は手術・入院したため、いろんな検査が必要だったんですが、「この順番で回れば一番早く終わるから」とメモを渡してくれて、10個ぐらいの検査を1時間程度で済ませられました。
    入院中も、看護師さんも主治医も明るくて楽しく過ごせました。
    皮膚科は、特定疾患の時に上がる検査数値が高値だったため、ほかの皮膚科からの紹介で受診しました。皮膚生検の結果、特定疾患ではなかったのですが、その後も治療を引き受けてくださり、複雑な質問にも紙に書いて丁寧に説明してくれました。
    最後まで責任もって治療してくれるという安心感があります。

    30代

    北海道で有名な総合病院です。
    北大の病院というだけあって、勉強熱心な先生がとても多いです。
    最新の医療に関する知識を持った先生方がとても多く、看護師や薬剤師も日々勉強を積み重ねているという印象を受けました。
    地域に密着した信頼のおける医療を行っていると思っています。
    重症患者さまもいらっしゃいますが、家族の方へのメンタル的な支えにもなっていると思います。

    40代

    道内一番の大きな大学病院ですから、施設は整っています。
    他科受診が必要な場合もほとんどの科が揃っています。
    場所が駅から歩けて便利です。
    研修医と指導医が随時在中しているので、緊急に対応することができます。
    関連病院が道内にあり、そこからの受け入れ体制も整っています。
    さらには、必要に応じて全国どこへでも転送することができます。

    40代

    以前に私自身が勤務していたことがある病院ですが、大学病院にも関わらず上下部消化管内視鏡検査や超音波検査、CT検査、MRI検査などを初診当日に検査してくれます。
    結果も一時間足らずの待ち時間で説明してくれますので、優秀な若いスタッフが多く信頼できるうえに、大変アクセスの良い大学病院です。
    体調の優れない患者さんの休むベッドも外来に多数準備されています。

    30代

    北海道で最大規模の病院です。
    多数の科において専門家が従事しておりますが、各科の連携があるため1つの主訴に対してあらゆる視点での対応が可能です。
    また、多くの医療者が在籍しており、同じ科でも違った視点からの治療や診断をつけることができることがメリットです。
    さらに付け加えるなら、交通の便が良いことも良い面の一つと考えられます。

    40代

    北海道で最高学府の附属病医であり、もうかなりの歴史がありますね。
    施設はやや老朽化してきているものの、必要十分な設備は整っており、さまざまな科と連携して診療できるのも1つの強みでしょう。
    子供の診療はもちろん、成人してからのフォローアップ体制も整っており、一般的な診療から、高度な知識技術を必要とする治療まで幅広く受けられます。
    先天性疾患の患者も多数診ており他科との合同治療も頻繁に行われています。
    子供の数は減少傾向にあるが、紹介患者が多いため患者数は減少しておらず、今後の発展も期待できます。
    研修機関としても優れており、有能な人材を育成しているように思えます。

    匿名希望

    ■先生やスタッフの方の対応
    先生は毎回違いますが、PCで管理されてるので特に不安はなかったです。
    助産師さんたちが、とても親切で、一人目もここで生んでいればと思いました。
    助産師さんが外来と病棟で分かれていないので、健診で顔見知りになっていると病棟に行っても気さくに声をかけてくれました。
    退院するまで授乳の度に「呼んでくださいね」と言ってくれたので、遠慮なくお願いして母乳のケアをしてもらえました。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    持病があったので内科と連携して診てもらっていましたが、自宅から遠かったので産科、内科と同じ時間帯に予約がとれるようにどちらかで調整してくれていました。
    費用は帝王切開と術前に2週間ほど入院しましたが30万強位でお釣りがきました。健診もクーポン以内に収まることが多く、千円位しか払ってないと思います。
    面会は病棟には入れなく病棟がある階のホールで、赤ちゃんは窓越し面会で、父親のみ抱っこができました。
    産科のホールにはキッズルーム風の隔離された部屋があるので上の子が来てもそこで遊んだりできたので良かったです。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス
    食事はパンやご飯など選ぶことができ、テレビでメニューの紹介などもしていました。
    売店は広いしスタバもあるし特に不満はなかったです。

    匿名希望

    ■先生やスタッフの方の対応
    どのスタッフさんも、優しく育児指導してくれました。わからない事などは丁寧に教えてくれるので質問しやすかったです。先生も何人もいますがどの先生も丁寧に診察してくれます。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    私に合併症があり転院したのですが、専門医の先生と産科の先生が連携をとり 見てくれりるのつでとても安心できました。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス
    食事は魚がおおかったです。母乳のために配慮した食事のように思えます。

    40代

    待ち時間が長くなると、必ずあとの待ち時間や体調の状況など、親身になって声かけを行ってくれています。
    また、こちらが不明な点でも尋ねれば親切に対応していただけます。
    治療、受診後でも、声かけを忘れず、患者が抱く症状について親身になって相談に乗ってくれています。
    スタッフへの教育が行き届いており、ここに任せてお願いすれば一安心といった感情が芽生えてきます。

    匿名希望

    ■先生やスタッフの方の対応
    自分の持病があったので、出産前から主治医の先生に「妊娠した時には、北大に紹介状を出すからね」と言われていました。
    出産までの間、いろいろな検査をしました。先生は、チーム制で主治医の先生はいませんでしたが、どの先生も私の不安に
    思っていることを、教えてくれました。

     最初は、主治医の先生がいないので「何かあった時に誰に聞いたらいいのかなぁ」という不安がありましたが
    どの先生に聞いても、ちゃんと答えてくれたのですぐに不安はなくなりました。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    私は、出産前の一か月間は、管理入院をしていましたが、毎日赤ちゃんの状態を見てくれていたので
    安心でした。不安になるようなことがあれば、時間など関係なく、内診をしてくれました。

     基本的には、普通の産婦人科のような、雰囲気とは少し違うと思いますが、私のように持病のある妊婦さんには
    安心だと思います。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス
    食事は、私はパンが好きなので、朝食を毎日パンにしていたのですが、そのパンがとても美味しかったです。

     部屋は、出産前の人の部屋と、出産後の母子同室の部屋に分かれていました。部屋の中に、小さな洗面台があり
    体調の悪い時には、部屋の中で洗面を使ったりしていました。

    20代

    手術に執刀する医師の知識・技術は道内一ではないかと思います。
    ほかの病院では手術不可能と言われた症例でも、手術をして症状を緩和したり、運動機能が戻ったりすることが多々あります。
    看護師間のコミュニケーションもしっかりと取れているため、一人に伝えた内容はその後関わるスタッフにも伝達され、統一したケアを受けることができます。

    匿名希望

    ■先生やスタッフの方の対応
    スタッフ皆さんが明るく活気があり、優しく丁寧です。
    3ヶ月個室入院しましたが寂しさもなく安心して治療ができました。

    周産母子センターですので問題が起きてもすぐに対応してもらえます。
    他の病院から母体搬送された方も何人もいらっしゃいました。

    治療の説明なども詳しくしてくれます。最高の医療チームだと思います。

    出産の際は大量出血の恐れもあったので大人数がLDRにいましたが
    主人と姉との立会い出産もでき、医師・助産師のサポートが上手なのでしっかりと分娩に挑めました。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    妊娠中、持病があっても連携が取れていてスムーズ。
    個人病院ではそうはいきません。

    面会は少し緩和されましたが感染面からかなり規制があります。
    仕方ない事だと思いますし、産後は人に気を使えるような状態じゃないので
    逆に規制があって大変助かります。
    大人数で長時間お見舞いやお祝いに来ていただいても迷惑だったりしますので。
    見舞い客の鼻水・咳など過敏に反応しなくても
    『病院側の決まりだから』と言って悪者にならずに断れます(笑)

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス
    食事は個人病院のほうが味や見た目もいいと思います。(笑)

    水曜日のお昼が麺だったかな。
    スープカレーもなかなか美味しかったですよ。
    大学病院のわりには工夫されてると思います。

    個室は空調設備が整っているので温度調節が可能ですが
    4人部屋のほうは大変暑いと言っておりました。

    匿名希望

    ■先生やスタッフの方の対応
    先生は主治医制ではなく、チーム制です。
    優しい先生が多く、嫌な思いをしたことはありませんでした。
    スタッフもテキパキしており、有能でした。
    こちらはマンツーマンの担当制でしたが、必要以外は関わりはあまりないため、
    気楽でした。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    緊急時、急変時の処置が院内で済むことが最大の強みだと思います。
    また持病のある人は、出産と持病との兼ね合いも考慮してもらえるため、
    安心できると思います。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス
    個室は少ないため、病状が安定している場合は、
    希望しても入れない確率が高いかもしれません。
    個室以外は四人部屋でしたが、
    慣れればあまりストレスになりませんでした。
    病棟のある階にお見舞いの方と面会できる広いデイルームもありますし、
    一階には売店やカフェ、食堂、たくさん植物のある温室もあります。
    食事は期待していなかったからかもしれませんが、
    とてもおいしく感じました。
    選択メニューも週に何度かありましたし、
    朝食の主食をご飯からパンに変更できたり、
    大病院なのに細やかな対応がいいと思いました。

    匿名希望

    ■先生やスタッフの方の対応
    他院からの転院で、不安でしたが 皆さん親切でした。
    ドクターはたくさんいますが選べません。
    でも、どなたでも丁寧に見ていただけました。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    出産はLDRに入れましたので良かったです。2部屋あって空いていれば入れます。
    産後も、看護師さんが こまめに母子の様子を見に来てくれるのでとても助かりました。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス
    お祝い膳はありませんでしたが、行事食がありました。
    出産時期がクリスマスの少し前だったので、天皇誕生日と、クリスマスの夕食が行事食でした。

    チョコクッキー

    婦人科の先生が、話を本当に良く聞いてくれて、丁寧に説明してくれます。
    時には紙に書いて詳しく説明してくれて、その紙も帰りにもらいました。
    長年子宮内膜症に悩まされていましたが、今は元気で毎日を過ごしています。
    大学病院はちょっと・・・と思われてる方、婦人科で悩んでる方はぜひ北大に行ってほしいです。

    匿名希望

    ■先生やスタッフの方の対応
    看護師さんがとてもてきぱきしていて、とても頼りになりました。
    先生は、検診ごとに変わるのですが、どの先生も優しくて質問にも適切に応えてくれるので、安心しました。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    大学病院なので、妊娠中に他の科を受診することができます。
    万が一早産でNICUに入ることになっても、最初からこちらを受診しておけば
    たらいまわしになることはないのかな、という安心感。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス
    売店が大きいので、入院中も暇せずに楽しかったです。

    yasumin0723

    ■先生やスタッフの方の対応
    産科は担当制でなく、チーム制ですが、エコーもしっかり見てくれます。

    妊婦さんは長く入院されてる方が多く、胎児の疾患がある方や早産リスクのまま治っても遠くて帰れず分娩まで入院…。という妊婦さんが多そうでした。

    胎児や母体の理由や双子ちゃんの帝王切開の妊婦さんは半分位です。

    緊急時の対応を要する妊婦さんが多かったので帝王切開で夜中いつの間にか生まれてらっしゃる妊婦さんが多かったので、対応は優れていると思いました。

    母子同室に関しては自然分娩の方は2日目~、帝王切開の方は3日目~、疲れている時は前もって言えば預かってくれます。

    2週間の管理入院から手術後8日間の入院で30万位でした。ベビーは保険適用で10万未満です。

    個室は5000円はリスクある方優先、10000円は空いてれば入れるそうです。

    ■この病院の良いところ、オススメポイント
    産科医師、他科の医師、(凄くレベル高く良かったです。)看護師の対応で、満足いくお産になりました。

    売店はすごく充実していて夜10時まで、スタバは20時まで。
    産科のフロアにはプレイルームが簡易であります。

    ■病院の設備や部屋、食事やサービス
    ご飯は普通食で日曜日以外は二種類から選べます。

    部屋は4人部屋で産前と産後は隣通しの別室です。
    看護師さんもレベルが高いです。若くても慣れてる方が多いし、新人のナースは一言断ってくれ、先輩ナースが確認しにきてくれます。

北海道札幌市北区-北海道大学病院のmap

  • 最近180日間で口コミが多い婦人科ベスト20

    (集計期間:2021/02/04 ~ 2021/08/03)